結婚式場の種類7神社


結婚式場の種類で、主流といえるのが神社でしょう。
どうして?と言う理由はないにしろ、神社での結婚式は、日本人としてはごく当たり前の事。
もちろん神道であるというのは抜きにして、お正月だから神社に行くと言う同じ感覚です。
また、いわゆる結婚式場というと、神前式の結婚式場を備えている場合が多いですから、一つのセレモニーとしての神社での結婚式は、自然なことといえば自然なことです。

両親にしてみても、チャペルなどでチャラチャラするよりは、日本人なんだから神社でしょ?という方が多いのではないでしょうか?
もちろん、神社としても、結婚式はここで挙げて、披露宴会場までの送迎を行うサービスを提供しているところもありますし、披露宴会場と提携がされているところも多くあります。
結婚式に招待する人数や披露宴の規模に合わせて、神社での結婚式プランをたてることも問題はありません。
だいたいの結婚式場では、神前結婚式の準備はされていますから、内容に関しても注文を伝えるだけで、十分な結婚式を挙げることができます。
親族のみの小さな結婚式から、大人数の結婚式まで、対応できる場所はたくさんあります。
一種の親孝行的な神社での結婚式、あえて結婚式場に選択することで、両親を始め、親戚たちの満足感は大きいと言えます。
日本の伝統と言っても良い古式ゆかしい結婚式場として、神社は欠かせない存在になります。
結婚式場そのものに関しては本人たちが挙げたい場所で行えば良いことです。