天空の郷で眠りたい!無宗教のお葬式メリットとデメリットは?


お葬式の種類の一つに年々増加しているものがあります。
それは、無宗教葬儀(自由葬儀・プロデュース葬儀)があります。

基本的にどの宗派にも属さない無宗教の人が行うことができます。
もちろん、本人の望みであれば宗派に属していても自由葬は行うことができます。

日本人は無宗教の人が多いので、徐々にですが増えてはいます。
しかし、無宗教葬は自由なので。自由にプログラムを組んで葬儀を行うことができますが。大半は仏式葬儀や葬祭を参考にした形が多いです。

もちろん、自由に行うことができる自由葬ですが、メリットとデメリットがあります。
今回は、このメリットとデメリットをご紹介します。

【自由葬のメリット】

自由葬の最大のメリットは、故人の生き方にふさわしいような
自由な演出を行うことができます。仏式であれば長くて暗いお経も
本人が生前好きだった音楽をお経代わりに流しながら、焼香・献花を
することができます。また、祭壇をどう飾るかも自由で。物やお花の指定もできます。もちろん、自由なのである程度の費用を抑えることもできます。

【自由葬のデメリット】

自由葬のデメリットは。なんとっても一般常識からは外れてしまうことです。一般的には仏式葬儀が多いため。
仏式葬儀よりも細やかな打ち合わせが必要となります。しかも、形式が定まってもいないので、参列者が戸惑ってしまいます。
家族にしてみれば、葬儀後の弔い方が難しいということです。
あとは、年配の人には少々理解し難い。遺族の気持ちの区切りがつきづらいなど細かい問題も出てきそうです。